こんなにたくさんの薬が
年寄りの身体にて
薬の成分が有効に機能するのか
もちろん、薬手帳を提示しているので
副作用、複合作用についての
確認はされている
しかし、あまりにも
量が多すぎる
少食の親父にしてみれば
薬が毎日の食事の皿に
大量にのっているような状態
患者のなかには
多すぎると
心身が拒否して
残す人もあります
また、無償ですが
薬局への未使用薬の
返却システムを
聞いたことがあります
節薬なる運動の
提唱者によると
2700円/人
トータル
3200億円
医療費増大に
なんとか対策をぴかぴか(新しい)
setsuyaku.jpg

ブログパーツ

By

2 thoughts on “薬局・節薬”
  1. 先日コメントしたA改め、とらおです。
    薬関係は元気いいですね。利益率も高く需要も旺盛。
    私の勤務先の近くにある薬品会社の営業所も気が付けば増築、増員を繰り返しています。テレビのスポンサーとしても一社提供は製薬会社が一番多いんでは?

  2. とらおさん、情報提供ありがとうございます。
    製薬会社、薬局、医者、患者、医療制度など
    すべての立場にて、この医療費増大の問題を
    考える機会になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »