定刻に面接会場に着いたが
まだ前の人の面接が続いている
案内された席で待つ
何分経ったのだろう
前の人が出てきた
目を合わせずいたが
その彼は何やら
立ち止まっていた
なんと
前の面接者は
前職の同僚
最近彼とは会っていない
情報では
友人の経営する会社に勤務
まさかこんなところで
ライバルになるとは
それはそれ
お互い同じ境遇
これまでの付き合いもある
KK社面接応対者の反応判定 
〇:いけそう、△:まあまあ、×:難あり
  
  社長   ×  意気込みはわかりますが
  総務  〇  同感です  
  同職  △  私より専門ですね
 どうやら社長さんの様子では
 勢いあまってしゃべりすぎか
 総務の方には好印象か
 会社の規模は前職の3分の1の人数
 さらに忙しいときには何でも屋を希望された
 よくある話で
 とんでもない仕事も暗に提示
 従業員平均年齢は私の年齢より10歳以上若い
 生活指導も
 現場仕事もある
 出張多いとのこと
 質問:過去、車でどこまで行きましたか
 回答:休めばどこまでも行けます
 質問:(あなたには)何も制約はないですね
 回答:親は高齢ですが、自分で車の運転できます。
     
  またお隣さんの奥さんは母親と懇意にしているので
  お医者さんまで送迎をお願いすることもできます。
  (やや言いすぎた。最近は私が車で送迎している)
  
 自分的にはいろんな意味で
 爆弾かかえている 小生は
 ある意味、危険人物
とりあえず、
1時間程度で終了ぴかぴか(新しい)
jinji.jpg
PS. 総務とおぼしき人物はあとでわかったがSK社の所長だった
   

By

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »