自分自身が
多言語学習者になってしまったのは
海外音楽の影響が強いと思います。
10代から20代前半に
NHK-FMの番組にそれらを
紹介する番組があって
よく聴いたり、録音したりしていました。
その中で特に印象のあるのは
カンツォーネです。
(単にイタリア語で歌ですが)
これは後にイタリア語を勉強する
きっかけになりました。
その中で
歌詞をノートに書いて
その意味を調べ
自分でも歌おうと
思った曲がいくつかあります。
その1つが
ミルバの
「愛遙かに」
はっきりいって
暗い曲ですが
なんとなく
気に入って
LPレコードを
買いました。
イタリア語の特徴である
巻き舌が
極めて
心に沁みる
なんとなく
嗚咽のような
泣き叫ぶような
あとあと
聞いた話では
ミルバが
3大プリマドンナの
一人だそうだし
彼女の歌いっぷりは
天才的だそうだし
(これらもすべて過去か)
ともあれ
白黒の動画は
時代を感じさせるし
自分自身も
古い時代の
過去のものかぴかぴか(新しい)
Milva – Da troppo tempo
https://www.youtube.com/watch?v=y4LIQz80yEE
Milva – Da troppo tempo
https://www.youtube.com/watch?v=6sWPFJ1zw9o

kaiko.jpg

ブログパーツ

By

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »