若いことは
それだけで
素晴らしい価値があること。
なぜだろう、
未知なる可能性を
秘めているから、
いくらでも
希望を持てるから。
ともあれ
若さの価値を
誰も疑わないです。
ただ
誰でも
齢(よわい)を重ねる
歳を取ってしまいます。
巷には
アンチ・エイジングの
さまざまな
商品や方法が
あります。
食物、薬、食生活、運動や医療等。
人間の若さへの要求は
これまた限りなく
続いていくのでしょう。
昨今話題になっている
iPSやSTAP細胞等の
研究や実験により
さらなる若返りの方法が
生まれるのでしょう。
K駐日大使の姿を
テレビで拝見したときに
彼女のように
地位、名誉、資産があれば
サポートするスポンサーなりあり、
アンチ・エイジングはいくらでも可能と
思われますが、
外見から見る限りにおいては
それにこだわっていないように
思えました。
齢を重ねると、
歳を取るとそれ相応の
姿になることは
当然のことで
何も別に恥じることではない。
また、人間の価値は
生き方であり、
目に映る姿は
人間の本質ではない。
価値判断の対象にならない、
価値判断材料にすべきでない。
さまざまに感じました、
人間の生き方について
人間の生き方.jpg

By

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »