『20カ国語ペラペラ』(種田輝豊著、実業之日本社)
ある方のブログを拝読し、またネットにて種田氏の名前を検索したところ
多くの記事がヒットしました。
私も学生時代にこの本を読んでポリグロットに憧れました。
種田氏の提唱する”うるし塗り”は語学学習者の必須のことであると思います。
言語は習慣の産物である限り、繰り返し作業は欠かせないものです。
同じ教材に集中すれば良いものを、あれこれ目がくらんで書店に行って
書物を買いあさったことが数多くあります。みなさんはどうでしたか。
CIMG1124aa.jpg
CIMG1123a.jpg

By

2 thoughts on “20カ国語ペラペラ・繰り返し作業”
  1. 種田氏と同郷のものです。先日、10月23日に輝豊さんが亡くなられたとの訃報が近所に住む妹さんから受け取りました。終焉の地はたぶんサンディエゴだとおもいます。79歳でした。

  2. A治様
    貴重な情報をありがとうございます。
    サンディエゴにおられたんですね。
    種田輝豊様のご冥福をお祈りいたします。
    さんちんぴん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »