種田輝豊氏が本当に20ヶ国語ペラペラであるか・あったかは
客観的にわかりませんが、
彼の提唱する”漆塗り”の方法は
語学を学ぶ者として私は賛成ですし、
語学はそのような性質を持つものと考えています。
巷にはいろいろな教材があり
***脳、***モードとかで表現されるケースや
”言葉のシャワー”の良し悪しとかの議論があります。
つまるところ
語学学習の根本的、本質のところは
1.言語を五感を通して身につけること
2.体験とともに話す、聞く、書くことが行われること
3.1と2が習慣化すること
と考えられます。
阿部昇吉氏「今すぐ話せるロシア語単語集」の冒頭に
外国語学習について
”音の絶対量の不足”
”言語は音声が生命”
の二つのことを述べています。
これらは”言葉のシャワー”で対応できるでしょう。
次のステップとして
これらの言葉が
感情、体験もしくは経験と結びつくことにより
身体の一部と成り得るのだと
考えています。

身体の一部と成る状態を

図で表すとすると

こんな感じではないでしょうかぴかぴか(新しい)
kotoba cycle.jpg
PS.
抽象言語については後日まとめたいと思います。

ブログパーツ

By

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »